月別アーカイブ: 2016年1月

ザザザのメルマガがあるんです

ザザザワークスは、月に一回程度の不定期ではありますが、

昨年12月より会員様にメルマガ配信をしております。
(配信をご希望いただいている方のみの配信です)

内容はといいますと…

その季節に

バシッとハマるナイスな

音楽を独断と偏見にて

ピックアップするコーナー。

他には…

ザザザワークスの商品の情報やご案内、

ちょっと突っ込んだ話!?

紙ジャケット関連の四方山話。

などなどです。

ということで、一つ、12月に配信した呟きをボム。

↓コチラ↓

『紙ジャケ』について。

近年、音楽を入手する手段として、ネット配信や携帯等による
ダウンロードがシェアを伸ばしていますね。

単に「音楽を聴く」という目的では、
効率やコスト面で優位なのかもしれません。

レコードジャケットをアートとして捉え楽しんできた人々には、
本当に寂しい傾向と言わざるを得ません。

かつてレコードは、
100年近くも音楽配信の要でした。

円盤の溝に刻み込まれた凹凸を針の振動に変え、
電気的に増幅してより良い音で聴くという努力が続けられました。

一方、レコードを保護するためのジャケットも、
初期の単なる紙袋からその時代の最新の印刷技術を生かし、
デザイナーやフォトグラファーの手により、
メッセージ性やアート指向の強いものが生まれました。

リスナーは音楽と共に、
この30センチ四方のアートを楽しむことができました。

’80年代中期あたりからはCDが主流になり、
プラスティックケースにカタチが変わっていきました。

ですが、最近は初期ロッドやCDのリマスター化や限定版を始め、
アナログ盤の精巧な縮小版ジャケットが
マニア受けしたりしていますね。

それだけに留まらず、紙ジャケットは、
映像関係やウェディング関係など使用途は様々。

多く目にする様になりました。

近年のアナログレコードの人気も相俟って、
紙ジャケファンも急増中!嬉しい限りですね。

 

と、こうした内容の他に12月は、やはり、クリスマスネタ。

1月は新春和ジャズ。2月は… オタノシミニ!音楽呟きも要チェック!

※メルマガ配信をご希望の方→会員登録のみも可能です。お気軽にどうぞ^ ^

最後に〜
こんな無地ジャケがザザザにしかない。

人気のオリジナル無地ジャケをチョイス。
GAfile

muji5inch※画像クリックで商品ページをご覧いただけます。

 

やまん

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ZaZaZaWORKS】

twitter https://twitter.com/zazazaworks
Facebook https://www.facebook.com/zazazaworks
Instagram https://instagram.com/zazazaworks/

Web http://zazazaworks.jp